楽天市場の広告で稼ぐ!『楽天アフィリエイト』と『もしもアフィリエイト』を紹介&比較!

楽天 広告

日本の最大手ECサイトと言えば楽天市場。2019年にはユーザー数が4800万人以上と、日本人の3人に1人以上が利用しています。

それだけユーザー数が多いので楽天市場はアフィリエイトにも適しています。レビューブロガーにとって重要な収益源にもなるのです!

この記事では楽天市場のアフィリエイトが利用できるサービスのうち、おすすめなものを2つピックアップして紹介していきます!

楽天市場の広告が使えるアフィリエイトサービス

楽天市場の広告が利用できるサービスはこんな感じ!

この中で一番おすすめなのがもしもアフィリエイトで、次点で楽天アフィリエイトです。この2つは料率や報酬の発生条件等ほぼ同じなのですが、報酬の支払条件等で差があり、もしもアフィリエイトの方が分かりやすいものとなっております。

A8.netはその他2つと比べると成果発生時の料率が低く設定されており、あまりおすすめはできません。

楽天アフィリエイト

楽天アフィリエイトは楽天が提供するアフィリエイトサービスです。

料率

商品料率商品ジャンル
8%インナー・下着・ナイトウエア、ジュエリー・アクセサリー、スイーツ・お菓子、バッグ・小物・ブランド雑貨、ビール・洋酒 、メンズファッション、レディースファッション、靴、食品、水・ソフトドリンク、日本酒・焼酎
5%ダイエット・健康、ペット・ペットグッズ、医薬品・コンタクト・介護美容・コスメ・香水
4%カタログギフト・チケット、キッズ・ベビー・マタニティ、スポーツ・アウトドア、花・ガーデン・DIY
3%インテリア・寝具・収納、おもちゃ・ゲーム、キッチン用品・食器・調理器具、サービス・リフォーム、ホビー、住宅・不動産、日用品雑貨・文房具・手芸、本・雑誌・コミック
2%CD・DVD、TV・オーディオ・カメラ、スマートフォン・タブレット、デジタルコンテンツ、パソコン・周辺機器、家電、楽器・音響機器、光回線・モバイル通信、車・バイク、車用品・バイク用品、腕時計、その他ジャンル

楽天市場に掲載されている商品を紹介することで2~8%の報酬が得られます。Amazon同様に利用ユーザーが多いECサイトなので成果報酬に結びつきやすいプログラムです。

条件

ブログに掲載したリンクをクリックしたユーザーが、24時間内に商品を楽天の「買い物かご」に入れ、クリック後89日以内に購入を完了した場合、成果報酬が得られます。

Amazon同様に紹介したものとは異なるものが購入されたとしても成果報酬の対象になります
※ただし1商品1回の売上につき1000円(消費税別)が上限。

ただAmazonよりも優れているのが、楽天トラベル等も成果報酬に含まれることです。たまに10万円以上もするパッケージツアーが購入されて一気に報酬が得られることもあるのが美味しいところです。また1商品1000ポイントを上限とする楽天市場ショップの成果ルールは、楽天トラベルから発生する成果には適用されないのは大きなメリットだと言えます。

メリットとデメリット

報酬の支払方法が複雑

楽天アフィリエイトのデメリットですが、報酬の支払いがかなり複雑なところでしょう。

報酬が基本的に『楽天スーパーポイント』で支払われるのですが、月間3,000ポイントを超える成果報酬については下記の条件を満たさないと支払われることがありません

  • 楽天カードを発行されていること
  • 楽天銀行口座の楽天会員リンク登録(楽天IDへの紐付け)をされていること

この条件を満たさずに3,000円以上の収益を上げてしまった場合翌月以降への繰越処理はありません。つまり楽天スーパーポイントによる3,000ポイントのみの支払となり、残りの稼いだ金額は消えてしまうのです。

条件を満たしている場合、3,000円までは楽天スーパーポイントで、3,000円以上は『楽天キャッシュ(オンライン電子マネー)』での支払いになります

現金での報酬を受け取ることも可能です。しかしこれもまた条件があり、

  • 楽天カードもしくは楽天銀行の口座を持っている
  • 3ヶ月連続で月間5,000ポイント以上の成果報酬を受け取っている

上記が条件となります。この条件を両方ともクリアしている人が初めて現金振込を申請することができます。正直他のアフィリエイトと比較すると支払いは酷いという他ありません。

商品検索と広告作成がしやすい

楽天が直接運営しているため、商品検索や広告作成が簡単というのがメリットです。

商品名やキーワードで商品検索できるのはもちろんですが、楽天市場の商品ページのURLを入力して特定の商品を確実に絞り込むことができます

もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトでも楽天市場のプログラムがあります。

料率

商品料率商品ジャンル
8%インナー・下着・ナイトウエア、ジュエリー・アクセサリー、スイーツ・お菓子、バッグ・小物・ブランド雑貨、ビール・洋酒 、メンズファッション、レディースファッション、靴、食品、水・ソフトドリンク、日本酒・焼酎
5%ダイエット・健康、ペット・ペットグッズ、医薬品・コンタクト・介護美容・コスメ・香水
4%カタログギフト・チケット、キッズ・ベビー・マタニティ、スポーツ・アウトドア、花・ガーデン・DIY
3%インテリア・寝具・収納、おもちゃ・ゲーム、キッチン用品・食器・調理器具、サービス・リフォーム、ホビー、住宅・不動産、日用品雑貨・文房具・手芸、本・雑誌・コミック
2%CD・DVD、TV・オーディオ・カメラ、スマートフォン・タブレット、デジタルコンテンツ、パソコン・周辺機器、家電、楽器・音響機器、光回線・モバイル通信、車・バイク、車用品・バイク用品、腕時計、その他ジャンル

料率は楽天アフィリエイトと同じです。

楽天市場に掲載されている商品を紹介することで2~8%の報酬が得られます。

条件

料率や成果対象となる条件は本家楽天アフィリエイトと同じです。

ブログに掲載したリンクをクリックしたユーザーが、24時間内に商品を楽天の「買い物かご」に入れ、クリック後89日以内に購入を完了した場合、成果報酬が得られます。

また紹介したものとは異なるものが購入されたとしても成果報酬の対象になります。1商品1回の売上につき1000円(消費税別)が上限というのも同様です。

楽天トラベル等も成果報酬に含まれます。基本的な条件は楽天アフィリエイトとほぼほぼ変わりません。

メリットとデメリット

商品検索がやや面倒

もしもアフィリエイトの広告作成画面から楽天市場の商品を検索する必要があるのですが、これがやや面倒に感じます。

楽天アフィリエイトはトップページに検索バーが表示されていますが、もしもアフィリエイトの場合は該当するページまで行かないと商品検索ができません。
※一応検索ページをお気に入りしておけば対策はできます。

検索の煩わしさはツールで解消できる!

ただ、もしもアフィリエイトの検索しづらさはツールを使えば解消できます。

この画像はRinkerというWordPress用のプラグインを使って作成した広告になりますが、商品検索と広告の作成が超簡単になるため使わない他ありません!

報酬の支払い方法が優れている

楽天アフィリエイトとの違いであり最大のメリットは、特に条件なく全額現金振込を指定できることです。

  • もしもアフィリエイトの最低振込価格が1,000円から
  • 振込手数料はもしもアフィリエイト側が負担

最低振込価格も1,000円からとハードルが低く、振込手数料はもしもアフィリエイト側が負担してくれるとてもありがたい条件となっております。

まとめ

もしもアフィリエイトをメインに使おう!

楽天市場のアフィリエイトで稼いでいくなら、もしもアフィリエイトをメインで使っていくのがおすすめです。

もしもアフィリエイトは報酬の支払い条件が単純明快というのが最たる理由です。楽天アフィリエイトは複雑すぎるのと、楽天カードや楽天銀行の講座を持っていないと3,000円までしか報酬を受け取れないルールがあるのでただただ不便です。

報酬の発生条件や商品の料率はどちらも同じですので、特段理由がない限りはもしもアフィリエイトを使うことをおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました